ベビーカーの田舎暮らしにおける必要性について考える

広告ディスプレイ
育児

こんちには。さとまるです。

今回は、車社会の田舎暮らしにおけるベビーカーの必要性について、2児のパパとしてアドバイスさせて頂きます。

結論としては、ベビーカーはあった方が便利です。

でも、抱っこ紐と店舗備え付けベビーカーがあれば、何とかなります。

でも、ある条件に適合する場合、ベビーカーは早期に購入をおすすめします。

ある条件とは、次の3つです。

  • 子供の体格が大きい
  • パパ・ママの体力に自信がない
  • 子供と外出が多い

ひとつでも当てはまれば、購入をおすすめします。

その理由をご説明します。

スポンサーリンク

ベビーカーが必要な条件① 子供の体格が大きい

子供の体格が大きい場合、体重が軽いうちは、抱っこ紐等でも体力で何とかなります

でも、だんだん重くなってくると、抱っこ紐等でやり過ごすのは辛くなりますので、ベビーカーをおすすめします。

ベビーカーが必要な条件② パパ・ママの体力に自信がない

でも、子育ては何かと気力体力を消耗するので、少しでも気力体力を温存したいのであれば、ベビーカーをおすすめします。

子供の体格が大きくても、体力に自信があれば問題ないかもしれません。

ベビーカーが必要な条件③ 子供と外出が多い

子供と一緒に外出する機会が多い場合、ベビーカーをおすすめまします。

活躍するシーンを次の通りです。

田舎暮らしでベビーカーが活躍するシーン

田舎暮らしでベビーカーが活躍するシーンは次の3つが考えられます。

  1. 大人2人以上がいる買い物
  2. 公園の散歩

大人2人以上がいる買い物

大人2人以上がいて、広いショッピングセンターなどで買い物をする場合は、ベビーカーが活躍します。

備え付けのベビーカーもありますが、通常のベビーカーの優れている点は次の通りです。

通常のベビーカーが優れている点

車と店内の移動が便利

タイヤの動きが滑らかなので、狭い場所などで取り回しが楽である

衛生的に何か心配・・・ (よだれとか)

④そもそも混んでいると残っていない場合がある。

大人1人の場合は備え付けベビーカーの方が良い

大人1人であれば、備え付けのベビーカーが活躍します。

通常のベビーカーには買い物かごを乗せる機能はありません。

備え付けベビーカーであれば、買い物かごが乗せられますので、快適に買い物ができます。

公園の散歩

広い公園を散歩する時に、抱っこ紐ではやっぱり疲れますので、ベビーカーがとても快適です。

また、日よけ付のベビーカーであれば、更に安心です。

バッグなどの荷物を載せてしまえば、身軽で楽しい散歩になると思います。

生後6か月でベビーカーを購入した結果

私は、1人目の子供が生後6か月になった頃にベビーカーを購入しました。

もともと巨大児で体重が3880gで産まれたこともあり、更にすくすく育ってくれたので、体重・身長は保育園のクラスで1位でした。

耐え切れず、ベビーカーを購入しました。

そしたら、とても快適で、

もっと早く購入しておけば良かった

何にしても、購入して良かったです。

でも、反省点もあります。

(反省点)使用期間が短かった

1歳過ぎから歩き始めたり、抱っこをせがまれることが増え、思ったよりも使用期間が短かったです。

そうなると、備え付けのベビーカーや子供を乗せられるショッピングカートの方が、何かと便利になってきました。

(反省点)車のベビーカーの置き場が限られる

ベビーカーは大きい物です。

当時、室内の狭いコンパクトカーだったため、かなり無理やりベビーカーを積載しました。

室内の高くて広めの、ベビーカーを乗せることを想定した車であれば、問題ないと思いました。

下記の記事のようにミニバンに乗り換えたため、2人目の子供の時は問題なくなりました。

子供が産まれたらミニバンは必要か?中古車がおすすめ!
こんにちは!さとまるです!小さな子供を車に乗せるとき、想像以上にチャイルドシートを嫌がったり、おむつ交換を嫌がったりして、毎回苦労しているパパ・ママいませんか?コンパクトカーでとても大変だけど・・・何とか...

まとめ ~ベビーカーを購入は産まれたらすぐに~

これらの私の経験からまとめると、ベビーカーを購入するなら、産まれてすぐにするべきです。

その判断としては、冒頭に述べた3つの条件に1つでも当てはまることです。

もちろん、何とかならないわけではありませんが、少しでも快適に子育てしたいのであれば、購入をおすすめします。

ちなみに、私のおすすめするベビーカーはコンビの「Atto(アット)」です。

おすすめポイントは、通常のベビーカーよりもシートが高いため、子供の載せ降ろしが楽です。

育児
スポンサーリンク
さとまるをフォローする
楽しむ!MY人生

コメント

タイトルとURLをコピーしました