うちの子供が選んだ!0,1,2歳の子供におすすめの絵本 5選 Part1

広告ディスプレイ
育児

さとまるです。

子供に絵本を買ってあげる時、すごく悩みませんか?

私も、3歳の子供にこれまで20冊くらいは買いましたが、

気に入った絵本は10冊くらいです。

それらは「これだ!」と思い、即買いした本が多いです。

一方、時間をかけて選んだ本は、それほど好まれませんでした(泣)

第一印象って、大事ですよね。

そこで実際に私の子供が気に入った

絵本10冊を2回に分けてご紹介したいと思います。

まずは、5冊ご覧ください。

スポンサーリンク

0歳から2歳におすすめ絵本5冊 Part1

じゃあじゃあびりびり 作:まついのりこ

「みず じゃあ じゃあ じゃあ」

「かみ びり びり びり びり」

などのリズムと音で楽しく読み聞かせできる絵本です。

また、カラフルなはっきりした色使いで、視力の弱い赤ちゃんのファーストブックとして勧められています。

おすすめポイント

簡単であることが大事

文字も少ないですし、絵も単調なので、赤ちゃん向けかと思いきや、

2歳の始めくらいまでは、割と多くリクエストされました。

正直、大人からすれば何が楽しいのだろうと思う簡単な内容ですが、

簡単であることが、0歳から2歳の子供には大事なステップなんだと思います。

是非、一緒に「じゃあじゃあじゃあ!」と読んでみて下さい。

おつきさまこんばんは 作:林 明子

夜の落ち着いた雰囲気で描写された寝る前におすすめの絵本です。

紺色の背景にまん丸の黄色いお月様が現れ、「おつきさまこんばんは」とあいさつします。

黒い雲が現れて、お月様を覆い隠してしまいますが、実はお話ししていただけで、

にっこり笑顔で締めくくります。

おすすめポイント

お月様の表情と裏表紙の「べぇ~」

お月様はしゃべらないのだけれど、表情でやさしさを表現していて、

そのお月様を見上げてる猫や人が、夜の穏やかな気持ちになっているのが伝わってきます。

眠る前の子供の読み聞かせにぴったりの絵本です。

そして、裏表紙の予想外のお月様の「べぇ~」が子供心をくすぐります。

だるまさんが だるまさんシリーズ 作:かがくい ひろし

「だ~る~ま~さ~ん~が~こ~ろ~ん~だ!」

ではなく、

「だ~る~ま~さ~ん~が~・・・どてっ」

「だ~る~ま~さ~ん~が~・・・びろ~ん」

などと、手足の生えただるまさんが、コミカルな動きをする絵本です。

「だるまさんが」の他に、「だるまさんの」「だるまさんと」の合計3種類あります。

是非、3冊そろえて楽しんで下さい。

おすすめポイント

子供と一緒に声に出して読める!

子供と一緒になって「だ~る~ま~さ~ん~が~・・・どてっ」と読んで、

横に転がったりして、体も使いながら楽しめます。

間違いなく子供と楽しめる絵本だと思います。

おしくらまんじゅう 作:かがくい ひろし

表紙のような赤白の「まんじゅう」2匹が

「黄色いまんじゅう」「納豆」「こんにゃく」「おばけ」を挟んで

おしくらまんじゅうをして、挟まれたそのキャラクターが

様々リアクションをする内容です。

おすすめポイント

だるまさんシリーズと同じ作者

だるまさんシリーズの作者「かがくい ひろし」さんの作品です。

なので、だるまさんシリーズが気に入った子供に間違いなく気にいってもらえると思います。

子供と一緒に体を動かしながら読むのがおすすめです。

どんどこももんちゃん 作:とよた かずひこ

かわいらしい「ももんちゃん」が

「どんどこどんどこ どんどこどんどこ ももんちゃんがいそいでいます」と

走っていくお話しです。

「どんどこどんどこ」がたくさん出てきますので、

リズミカルで子供も真似をして読みたくなるフレーズだと思います。

最後のページで、ももんちゃんが走っていた理由が分かります。

ももんちゃんシリーズとして20冊ほどラインアップがありますので、

いろいろ試してみて下さい。

おすすめポイント

終始「どんどこどんどこ」

途中、クマさんと相撲をするシーンがあるのですが、

それ以外は、終始「どんどこどんどこ」走っています。

この繰り返しが、子供の耳に残って、繰り返し読みたくなるのだと思います。

まとめ

まずは5冊を紹介させて頂きました。

簡単で楽しく子供と親が一緒に楽しめる絵本ばかりです。

どれも人気のある作品だと思いますが、間違いなく子供が気に入る作品だと思います。

子供と親のコミュニケーションとして、是非活用してみて下さい。

Part2はこちらからどうぞ!

うちの子供が選んだ!0~2歳の子供におすすめの絵本5選 Part2

コメント

タイトルとURLをコピーしました