ストライダーの選び方|クラシックモデルよりもスポーツモデルをおすすめします!

広告ディスプレイ
育児

こんにちは!さとまるです!

子供に人気のストライダー

クラシックモデルとスポーツモデルがありますが、

どちらを選べばいいか迷っている方、いませんか?

早速結論ですが、スポーツモデルが良いと思います!!

この記事では・・・

3歳の息子のパパのさとまるが、

ストライダーのクラシックモデルとスポーツモデル

どっちを購入しようか迷っている方へ

スポーツモデルが良い理由をご説明します

スポンサーリンク

スポーツモデル一択!!

先ほども申し上げましたが、

スポーツモデル一択です!!

何故か?

価格差と子供の操作性、安全性を考慮すると、

クラシックモデルで妥協するべきではないと、考えます。

主な違い(一覧)

モデル名クラシックモデルスポーツモデル
重量2.9kg3.0kg
グリップ径27㎜22㎜
ハンドルバーパッドなしあり
フットステップなしあり
サドル(シート)プラスチック軟質樹脂
ロングシートポストが付属
カラー4色7色
価格(税込)11,990円14,850円

重量

0.1kgの差です。

重量はほぼ一緒ですから、選ぶ指標にはならないでしょう。

グリップ径

スポーツモデルの方が5㎜細いので、

小さな手の子供にとっては握りやすいでしょう。

ハンドルバーパッド

もしも転倒した場合に、

顔などがハンドルバーにぶつかっても、和らげてくれるクッションです。

フットステップ

坂を下る時に足を乗せたり、スタンディングポジションでのライディングのためにあるようですが、

自分の3歳の息子は使えていません。

でも、慣れてくると使えるようになるのでしょう。

サドル(シート)

スポーツモデルの軟質樹脂素材のサドル(シート)は、

クッション性があり、人間工学に基づいた形状で、

クラシックモデルと比べて、乗り心地が各段に向上しているようです。

また、シートポスト(サドル(シート)を固定する棒)について、

スポーツモデルには4~5歳用の8㎝長いシートポストが付属しています。

長く乗ることができます。

カラー

スポーツモデルの方がカラーバリエーションが3色多いです。

クラシックモデルは、グリーンブルーピンクレッドの4色

スポーツモデルは、クラシックモデルの4色に加えて、オレンジイエローブラックの7色

オレンジイエローブラックを選びたいのであれば、必然的にスポーツモデルを選びましょう。

価格

スポーツモデルの方が、約3,000円高いです

下記の記事もご覧下さい。

ストライダーを安く買えるのはどこ?|楽天市場をおすすめます。
こんにちは!さとまるです!ストライダーを子供にプレゼントしよう!と決めたけど、ネットで買うなら、どこで買うのが一番安いのか?調べていませんか?ネットで買うなら、どこがいいのかな??...

コストパフォーマンス

実際に購入した感想として、

サドル(シート)のクッション性の違いだけでも、

十分に3,000円高いだけのコストパフォーマンスは得られていると感じます。

それ以外の違いについては、グリップに握りやすさ等を子供に聞いても分かりませんが、

楽しく遊んでくれているので、スポーツモデルを選んで良かったと思います。

まとめ

いかがでしょうか。

これらの違いと価格差+3,000円を考慮すると、

やはりスポーツモデルを選ぶべきではないでしょうか。

クラシックモデルが勝っているのは、簡単に言えば価格差3,000円安い、ということだけです。

何はともあれ、

一番の目的は、子供にストライダーで楽しんで欲しい、ということでしょうから、

その目的の達成のために、考えてみて下さい!

育児
スポンサーリンク
さとまるをフォローする
楽しむ!MY人生

コメント

タイトルとURLをコピーしました